ネットで誹謗中傷をされてしまった場合の対処法をまとめてみた

誹謗中傷の書き込みは自分で消せる?

誹謗中傷の書き込みは自分で消せる?

自分に対する誹謗中傷をネット上で見つけてしまったらどうしますか?一刻も早く削除したいと思うのではないでしょうか。しかし多くの場合、自分で消すことは困難です。

SNSなどでは、自分の投稿を管理できるのはアカウントを持っている本人か、そのSNSやサイトを運営している母体に限られます。勝手に投稿を第三者に消されてしまっては困るためです。

自分の名誉を傷つけるような投稿をされ、削除したい場合はまず投稿者と話をします。しかし多くの場合はこれで解決することはできません。

そのような場合は運営側に報告するシステムがあります。報告フォームや相談窓口が必ず設置されているはずですので、そこに相談をすることをおすすめします。

誹謗中傷を弁護士に相談すると?

誹謗中傷を弁護士に相談すると?

誹謗中傷を止めて欲しい場合に弁護士に相談すると、その誹謗中傷を行う相手に対して、警告文を送ることができます。もちろん一般の人でも警告文自体は送ることができます。

しかし、文面を間違えると脅迫と捉えられることもあるため、プロにお願いするのが無難です。また警告文などを送らず民事で訴えることもできます。

刑事で訴える場合や誹謗中傷が止まないから警察に行く際にも、弁護士に同伴を求めることができます。残念なことに一般の人だけでは、警察に相談しても相談を重く受け取ってくれない場合があります。

その点、弁護士を同伴して行くと、警察の人も丁寧に対応して貰えることが多くあるのです。このように弁護士に相談するメリットはたくさんあります。

誹謗中傷の削除を引き受ける会社がある?

誹謗中傷の削除を引き受ける会社がある?

インターネットが普及し、誰もが簡単にネット上に自分の意見や思いを書き込める時代になりました。その中で社会問題ともなっているのが、個人や企業へ向けた誹謗中傷の数々です。

誰もが見ることの出来るサイトなどに誹謗中傷を書き込むことはプライバシーの侵害や企業の風評被害となる事もあります。しかしその数はなかなか減少しないのが現実です。

そのネット上での誹謗中傷に対する削除を行っている会社があります。ネット上で無根拠やおもしろ半分で拡散されている誹謗中傷などの削除を迅速に対応してくれます。

企業の場合、誹謗中傷があるとせっかくの採用者が途中辞退したり、退職者が出るなどの悪影響がつきものです。そうならないためにも対策としてこのような会社について知っておくことが大切です。