モテているのに突然誹謗中傷を書き込まれてしまうことがある?

ネット上の友達に誹謗中傷された事案

ネット上の友達に誹謗中傷された事案

ネットで誹謗中傷される事案が増えています。しかも、普段は仲のいい友達と思っていた人物からの誹謗中傷が目立っているのが最近の特徴です。

ネット上でありもしないことを言われたら、どんな人であってもショックを受けるのは当然です。まして、それが自分の友達であった場合、怒りを感じるのは極めて自然な流れでしょう。

ただ、その場合もまずは感情的にならないことが一番です。頭に血が上るのを抑えて、冷静になって今後の対策を考えなければなりません。

問題のある発言を削除したいときは、そのサイトの管理者かプロバイダーに削除要請を行います。誹謗中傷の書き込みを削除できるのは、サイトの管理者の任務ですので、この管理者に削除要請を行います。

異性にモテる人ほど誹謗中傷される?

異性にモテる人ほど誹謗中傷される?

異性にモテる人はそれだけ魅力があり、人の心を惹きつける能力を持っているからもてます。しかし、モテない人に限ってモテる人を誹謗中傷する傾向があります。

その理由は異性を独占されてしまうと思ってしまうからです。自分の好きな人もその人に持っていかれてしまうという恐れから相手を悪く見せようと誹謗中傷をします。

美人は三日で飽きるとか、美人は性格が悪いという事を良く耳にしますが、それも自信のなさが現われた誹謗中傷です。

男に色目を使って、男の前だとぶりっ子になる等自分には出来ない事を素直に出来ている事が羨ましいのです。これはつまり嫉妬です。

嫉妬心が誹謗中傷となりますので、モテる人もモテると言って友達に自慢したり、興味のない相手に関心のあるふりをしていると、誹謗中傷の理由となりますので注意が必要です。

ネットでの恋愛が誹謗中傷に繋がりやすい?

ネットでの恋愛が誹謗中傷に繋がりやすい?

誹謗中傷につながるものとして、相手への感情が強いことというポイントがあります。関係ない人のことであれば特に関心も持ちませんし、指摘しようとも思わないことが多いでしょう。

しかし、一度恋愛関係などになった場合、相手への思いが強ければ強いほど、それがうまくいかなくなった時に、相手に対して裏切られたという思いや恨みなどを感じやすくなります。

特にネットでの恋愛の場合、相手の実際の姿を知らずに付き合い始め、結局うまくいかないという事もあり、恋愛関係がこじれやすくなるといえます。こういったことも誹謗中傷につながりやすいといえるでしょう。

出会いのきっかけにネットは大きな役割を果たしますが、安易に恋愛関係に発展させないように注意することも自衛策として重要です。